Packagejp.nyatla.nyartoolkit.as3.core.types.stack
Classpublic class NyARObjectStack
InheritanceNyARObjectStack Inheritance Object

スタック型の可変長配列。 配列には実体を格納します。 注意事項 JavaのGenericsの制限突破を狙ったものの、Vector.<gt;では、不具合が多いため、Vector.<Object>に変更 いくつかの場所でエラーがでる場合がありますが、コンパイルオプションなどで、 strict = false を設定して回避してください。 根本修正は次バージョン以降で対応する予定です。



Protected Properties
 PropertyDefined By
  _items : Vector.<Object>
NyARObjectStack
  _length : int
NyARObjectStack
Public Methods
 MethodDefined By
  
NyARObjectStack(i_length:int)
最大ARRAY_MAX個の動的割り当てバッファを準備する。
NyARObjectStack
  
clear():void
見かけ上の要素数をリセットします。
NyARObjectStack
  
getArray():Vector.<Object>
配列を返します。
NyARObjectStack
  
getItem(i_index:int):*
NyARObjectStack
  
getLength():int
配列の見かけ上の要素数を返却します。
NyARObjectStack
  
init(i_reserv_length:int):void
スタックを初期化します。
NyARObjectStack
  
pop():*
見かけ上の要素数を1減らして、そのオブジェクトを返します。 返却したオブジェクトの内容は、次回のpushまで有効です。
NyARObjectStack
  
pops(i_count:int):void
見かけ上の要素数をi_count個減らします。
NyARObjectStack
  
新しい領域を予約します。
NyARObjectStack
Protected Methods
 MethodDefined By
  
createArray(i_length:int):Vector.<Object>
どのような配列(Vector)を格納するかを決める場所。 この関数を上書きしてください。
NyARObjectStack
Property Detail
_itemsproperty
protected var _items:Vector.<Object>

_lengthproperty 
protected var _length:int

Constructor Detail
NyARObjectStack()Constructor
public function NyARObjectStack(i_length:int)

最大ARRAY_MAX個の動的割り当てバッファを準備する。

Parameters
i_length:int
Method Detail
clear()method
public function clear():void

見かけ上の要素数をリセットします。

createArray()method 
protected function createArray(i_length:int):Vector.<Object>

どのような配列(Vector)を格納するかを決める場所。 この関数を上書きしてください。

Parameters

i_length:int

Returns
Vector.<Object>
getArray()method 
public function getArray():Vector.<Object>

配列を返します。

Returns
Vector.<Object>
getItem()method 
public function getItem(i_index:int):*

Parameters

i_index:int

Returns
*
getLength()method 
public function getLength():int

配列の見かけ上の要素数を返却します。

Returns
int
init()method 
public function init(i_reserv_length:int):void

スタックを初期化します。

Parameters

i_reserv_length:int — 使用済みにするサイズ

pop()method 
public function pop():*

見かけ上の要素数を1減らして、そのオブジェクトを返します。 返却したオブジェクトの内容は、次回のpushまで有効です。

Returns
*
pops()method 
public function pops(i_count:int):void

見かけ上の要素数をi_count個減らします。

Parameters

i_count:int

prePush()method 
public function prePush():*

新しい領域を予約します。

Returns
* — 失敗するとnull

Throws
NyARException